萩焼の窯元 天龍窯のギャラリーです。様々な情報をお届けいたします

取扱方法

  • HOME »
  • 取扱方法

  

萩焼の取り扱い説明書

初めてのご使用の前に
 以下手順を、推奨いたします。

 1、軽く水洗いをするか、一晩水につけ置きをして、よく乾燥させてからご使用ください。
   ※梱包材などの埃を取り除くためです。
   ※最近の器には破水処理をしたものもございますので、煮沸せずご使用いただくことを推奨いたします。
 2、高台を、サンドペーパーなどで滑らかにしてください。
   高台部分は、通常釉薬をかけませんので、陶土そのものを焼いた状態のため、ざらつきがみれます。
   検品時に高台を滑らかにするための処理を行いますが、ご自宅でもされることにより、より高台部分が優しい手触りになります。

水漏れ
 萩焼は、磁器などに比べ陶土の浸透率が高く、使い始めは「水の染み出し(側面・高台部分)」が起こる場合がございます。
 これは、使い込まれるうちに、茶渋などで目詰まりを起こし、自然と止まってきます。
 お気になるようであれば、よく乾燥させた後、お米のとぎ汁などに6時間程度漬け、よく乾燥させたのちご使用くださいませ。
 ※硝子などと同様、蒸気や冷気などにより、器の表面やそこにつく水滴の場合がございます。 
 万が一それでも止まらないようであれば、一度メールにてご連絡くださいませ。 tenryu@tenryu.net

使用の際のご注意
 長くご使用いただくために、窯元より、以下を推奨いたします。

 1、はじめてご使用の際に、一度、一気に色が変化することがございます。
   器がとても乾燥された状態ですので、水分が一気に入るためです。
   その後も、徐々に色変りをしていきます(萩の七化け)が、商品不良ではございませんのでご容赦願います。

 2、毎回ご使用前に水で一度ぬらしていただくと、浸透が若干弱まります。
   表面の色合いがお気になるようであれば、「食塩」でこすり洗いしてください。
   貫入(表面の釉薬の小ヒビ)の中までは落とせませんが、表面の茶渋などの汚れはこの方法で色落ちします。
   浸透率が高いですので、漂白剤などのご使用は一切行わないでください
 3、よく乾燥をしてください。カビの原因になります。
   特に、ご使用後、長く収納される場合には、丸一日「日当たり」「風通し」の良いところでよく乾燥されることをお勧めいたします。
 4、手洗いを推奨いたします。
   ガラスや磁器より強度が低いため、一緒に食洗機などに入れると、欠けてしまうことがございます。
   水圧により食洗機の内部のステンレスなどにぶつかり、欠けることもございます。
 5、油もの、お酒などを入れたまま、長時間の利用は、悪臭ベトつきシミの原因となります。
 6、電子レンジ・オーブントースター・直火でのご使用はお避け下さい。
   変色・変形・日々、破損の要因となります。

TEL 0838-25-2649 8:30~17:00

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2018年8月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    翌月(2018年9月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    (      発送業務休日)
PAGETOP
Copyright © 萩焼窯元【天龍窯】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.