萩焼の窯元 天龍窯のギャラリーです。様々な情報をお届けいたします

萩焼の歴史と特徴

 

萩焼の歴史と特徴

 萩焼は慶長9年(1604年)に藩主毛利輝元の命によって、朝鮮人陶工、李勺光(リ シャッコウ~山村家、後に断絶~)、李敬(リ ケイ~坂家~)の兄弟が、城下で御用窯を築いたのが始まりとされています。
 よって、当初は朝鮮半島の高麗茶碗に似ており、手法も形状も同じものを用いていたようです。
 その後、兄弟はそれぞれ別々の流派を生み出し、分かれ、後 坂家の三代までを古萩といい、萩焼の黄金時代といわれてます。

 萩焼は、明治期より苦境に立たされています。
 その時に当代の三輪休雪が「休雪白(あるいは鬼萩)」という独特の作風を確立するなどして、萩焼を中興してまいりました。
 また、十二代坂倉新兵衛も萩焼を全国に広め、不振衰退から救ったことにより、中興の祖と呼ばれています。

 萩焼の技術は、1957年に無形文化財に選択されました(保持者は十二代坂倉新兵衛)。
 1970年には三輪休和(十代三輪休雪)、1983年には三輪壽雪(十一代三輪休雪)が、それぞれ人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されております。
 2002年1月には、経済産業省指定伝統的工芸品の指定を受けております。

 萩焼は山口県萩市一帯で焼かれる陶器のことを指します。
 萩市だけではなく、一部長門市・山口市にも窯元があり、長門市で焼かれる萩焼は、特に深川萩(ふかわはぎ)と呼ばれております。
 古くから「一 楽、二 萩、三 唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物です。

 萩焼の最大の特徴は、釉薬の溶け固まる際の収縮で生じる「貫入(かんにゅう)」に、使いこむことによって茶渋など色素が染み込み、網目状に模様が入ることです。
 長く使い込むほどに色が染み込み、やがて器そのものの色合いが濃くなっていく様が、「萩の七化け」と称され愛されております。

 現在では、その古きよき趣を残しつつ、様々な陶土や釉薬を使うことで、新たな萩焼の色彩が楽しめるようになっております。

TEL 0838-25-2649 8:30~17:00

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2018年12月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2019年1月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    (      発送業務休日)
PAGETOP
Copyright © 萩焼窯元【天龍窯】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.