萩焼の窯元 天龍窯のギャラリーです。様々な情報をお届けいたします

本焼き(ガス窯・登り窯)

  

本焼き

窯入
本焼き窯入
ガス窯
ガス窯
焼成後
窯出し

 当窯で本焼きに使用する窯は、2種類ですが、ここ数年はガス窯を主流として焼成しております。。
 ガス窯での焼成温度は約1200度まで上げていきます。
 ちなみに、陶器は二つとして同じ色合いに仕上がらないといわれています。
 焼成方法には「酸化」と「中性(還元)」があり、釉薬とともに、器の最終的な色合いを決めるのが、この焼成方法です。
 ガス窯は登り窯と比べれば、色合いの安定性はありますが、それでも、まったく同じ色合いに仕上がらないのです。
 また、風の強い日には、風の吹込みによる変色と防ぐために、焼成を止める場合もあります。

※登り窯

正面
登り窯正面(モノクロ)
火入れ口
登り窯火口
焼成後(窯内)
登り窯内(モノクロ)

 最高温度は、1300℃以上にもなる、古来からの階段状の焼成窯になります。
 薪を使用するため、雨などの湿気に弱く、風が強く吹き込めば、中の温度や酸素濃度が変わり、目的の色が出せなくなるなど、とにかく、ガス窯以上に天候に気を使う窯でもあります。
 また、温度が下がったり、火を絶えたりしないよう、一晩中薪を燃やし続けるため、最短でも徹夜での作業になります。
 これだけの労力をかけても、窯を開けるまで仕上がりが分からないという、「不確定要素の高さ」が、登り窯の商品の貴重性を高めると考えられます。
 しかしながら、その不確定要素も、作家の方に結わせれば、「この位置に置けばこういう色合いが出るだろうという、長年の経験で窯入れを行うのですが、それでも、良くも悪くも裏切られるから面白い」のだと、以前、話に伺った事があります。

TEL 0838-25-2649 8:30~17:00

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2018年10月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    翌月(2018年11月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    (      発送業務休日)
PAGETOP
Copyright © 萩焼窯元【天龍窯】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.